飼いやすいペットとは?自分にあったペット選び


ペットを飼っている人にとっては、ペットは家族の一員のようなもの。
ペットブームと言われ始めてからだいぶ時間は経っていますが、そのブームには終わりがなく、未だにペットブームが続いているといっても過言ではありません。しかし、これからペットを飼いたいと思っている人には、「飼いやすいペット」とか「自分に合ったペット」と言われても、ピンと来ない人も。
そこで、犬・猫・鳥はもちろん、一人暮らしや家庭で飼いやすいペットを何種類か、特徴を見ながらご紹介したいと思います。

◆まず、ペットを飼うのは大変?
ペットを飼うのって大変そうだけど、実は良いことがたくさん。
自然と人を幸せな気持ちにしてくれ、精神安定剤のように不安な気持ちを抑えてくれる。
ペットに接していると、肉体的・精神的な痛みから気をそらすことができたり、重い病気にかかっても回復が早いことも分かってきています。
また、子どもにもメリットがあります。ペットと接することで、子供の感情や情緒を育み、世話をしたり可愛がることで、責任や思いやりの気持ちも養うことが出来ます。

◆ペットを飼う心構え
ペットを飼うと良いことはたくさんありますが、飼う前に大切な心構えがあります。
ペットを家族の一員として、最後まできちんと面倒を見るという事は、育て始めた時点から飼い主に託された最大の責任であり、義務であることをしっかり認識してください。
その他にも、
➀周囲への配慮や日頃の健康管理
➁家族みんなが協力して、ペットが混乱しないようにしつけや世話を行う
➂ペットが暮らせる空間と衛生環境が必要 
人間の子供を育てるように、大切に育てて共に幸せな時間を過ごしましょう。

◆飼いやすいペットってどんなペット?
近年、マンションや一人暮らしの世帯でも、ペットを飼うことが多くなっていますよね。
そこで、人気な種類や意外と思われる種類まで、特徴・飼い方を簡単にご紹介。
➀最近「猫」がおススメ
猫の特徴は、・単独行動を好む
     ・あまり鳴かず、狭い部屋でもストレスを感じにくい 
家を留守しがちの家庭や一人暮らしには特におススメ!
飼う際に注意する点は、1日の約8割寝て過ごします。そこで、放置してしまうのは厳禁!
飼う以上は、しっかりと猫の体調管理やコミュニケーションをとって、より良い関係を築くことがとても大切。

➁やっぱり「犬」も人気
言わずと知れた犬ですが、・犬は、群れで生活していた生き物
            ・お留守番など、家に1匹で居ることを苦手にしている
留守中、家の中を散らかしまわったりするのは、寂しさからのストレスによるものなのです。
ご家庭で飼われる際には、犬をできるだけ寂しいと感じさせない環境作りが大事です。
一方、チワワと柴犬は、比較的お留守番が得意と言われています。一人暮らしで飼いたい人にはおススメですが、個体差はあるので、しっかりその子の特徴を掴むことが大切。

➂賃貸物件には「うさぎ」がおススメ
寂しいと死んでしまう、なんて言われる「うさぎ」ですが、
 ・実は寂しがり屋なんて嘘
 ・飼育スペースをとらない
また、飼っても大丈夫な賃貸物件が多いなどのメリットがあります。
散歩する必要がなく、あまり手が掛かることがありません。しかも、とても綺麗好きなので、トイレのお世話が楽。滅多に鳴かず近所迷惑にもなりません。しかし、体調管理は常に注意。

➃意外!「セキセイインコ」も人気
インコは、ご家庭でも一人暮らしでも飼いやすいペットなのです。
 ・体が丈夫
 ・人懐っこい
1日少しのコミュニケーションと、1時間程度部屋で自由にさせてあげるだけで懐いてくれたりします。また、日々留守しがちでも飼え、言葉を覚えてくれることもあるので、そういったコミュニケーションの楽しみもあります。


昔も今もペットは、私たち人間に癒しを与えてくれる存在です。
しかし、世の中には可愛そうな動物の実情もあるのです。ペットを飼いたい人は、まず、最後まで責任を持って面倒を見る覚悟をした上で、ペットとの生活を楽しみましょう。